新卒採用
エントリー

キャリア採用
エントリー

#
花輪 潤一

モノづくりの
ブレインになる魅力。

製造技術課
2016年4月入社
サンテクノカレッジ卒

花輪 潤一

Hanawa Junichi

  • 自分が手掛けたプログラミングで、製品が生まれた時の感激。

    元々C言語やJAVA等のプログラミングを学生時代に学んできました。この会社に入ってみて、はじめて機械加工のプログラミングを担当したのがとても新鮮でした。 始めてみると実際に目に見えて製品が完成するまでの様子に接することができ、これが仕事をやり遂げる喜びややりがい、 達成感に繋がっているように感じています。仕事は毎日ただパソコンに向かってプログラムを組んでいるだけではありません。現場で加工担当者との連携も必要であり、 加工方法や手順、改善点等の会話を密にすることで、万全なプログラミングができると思っています。

  • 山梨県内最大規模の金属加工企業だからできること。

    私は最初、IT系の仕事に就こうと考えていました。でも、ある就活イベントで製造業の社長さんとお話しする機会があり、 工作機械で使われるNCプログラムという存在に出会ったのです。調べたり説明会に参加していくうちに、 だんだんと目に見えるものを動かすこのプログラミングに興味が沸いてきました。元々、山梨県内での就職を考えていましたので、 この仕事に就くなら会社規模が大きく、安定した取引先をもっているところが良いと漠然と思っていたものです。 それなら中星工業が一番自分の理想に近いと感じて入社しました。今でもあの時の自分の判断は間違っていなかったと思っています。

  • 若手でもチャレンジ&チャンスがもらえる。

    入社してまず最初に思ったのは、若手でもどんどん仕事が与えられます。実際に私も現在、新しく導入された機械の立ち上げを任せもらい、 新たなことにチャレンジしている毎日です。所属部署では一番の若手である私にも、このようなチャンスが次々と巡ってきます。 中星工業ではなにも特別なことではありません。他部署の若手からも同じような話をよく耳にしますので。だから積極的にチャレンジすることや学ぶ意識の高い人は、 中星工業に合っていると思いますよ。自分がそういうタイプなので、後輩に似たタイプの方がいれば自身への刺激にもなると考えております。ぜひ入社お待ちしています。 お互いに高めあって、より高度な加工技術や専門ノウハウを培っていきましょう。

  • 学生の皆さんへのメッセージ

    就活時に企業について様々な角度から調べておくことをおススメします。選択時の判断基準にもなりますし、 入社後に役に立ちますから。会社説明会などをぜひ活用してくださいね。

花輪 潤一
keyboard_arrow_up
keyboard_arrow_up